第7話 勝負服は、ユニクロでそろえられる〜「 清潔感がある男性が好き」と言う女性の本音〜

とうもろこしきさん連載。勝負服は、ユニクロでそろえられる 〜「 清潔感がある男性が好き」と言う女性の本音〜 オクテ男子のための京大式恋愛術
オクテ男子のための京大式恋愛術 ファッション 恋愛 身だしなみ
とうもろ こしき
とうもろ こしき

こんにちは、京大出身で元ホステスのとうもろこしきです。

普段は男性向けの恋愛戦術をまとめた本を出版したり、Twitternoteで男女関係にまつわる発信をしています。

この連載では、私が考えた恋愛戦術を"オクテ男子"に特化する形でお届けしようと思っています。
女性に対してガツガツ行くことが苦手な、シャイで奥手な男性たちに使ってもらえる対女性向けコミュニケーション術、といった感じです。

今回から、全3回に渡って『オクテ男性向け・容姿改善術』というテーマの記事をお届けします。
オクテ男子が意識すべき容姿づくり(身だしなみ)についてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

シリーズ第2本目となる今回は、オクテ男性にオススメしたい女性ウケに特化したファッションをご紹介します。

勝負服は、ユニクロですべてそろえられる

シンプルなメンズファッション(Tシャツ)

男性が異性に好かれるために選ぶべき服は、〔高級ブランドのロゴ入りTシャツ〕でも〔激しいガラの古着〕でもなく、無地でシンプルなユニクロ服です。
モテるために異性ウケを狙うのであれば、"俺らしさ"は要りません。"万人ウケ"だけを狙います。

ファッションにおける自分の個性は、彼女ができてから出しましょう。
好みの別れる服を着て、ナシ判定をもらう確率をわざわざ上げる必要はありません。

女が嫌う!男の"ナシ"ファッション代表例

NGサインを出す女性、手でバツ

例えばこれは、女同士でよく話題に上がる"ナシ"ファッションの一例です。

  • 知名度の高いブランドのロゴ入りTシャツ…GUCCI、Supremeなど(流行に流されてただの"ロゴ入りの布"に数万払う価値観が、理解できない女は多い)
  • ピッチピチの白Tシャツ…乳首が透けてたらもっとダメ
  • パッツパツのスキニーパンツ…テレビで「女子がニガテなファッション」として特集が組まれるほどの不人気
  • だるだるブカブカのパーカー…特に萌え袖(袖から指先だけが出ている状態)は、千葉雄大しか似合わないので絶対にNG
  • 少年のような短パン…男性として意識できない
  • マジシャンのようなベスト…おじさんに見える
  • 膨れ上がったダウン…おじさんに見える
  • 裾(すそ)が長くヒラヒラした羽織り…やや女性的な印象
  • やたらとデカくて底が厚いスポーツ系スニーカー…ストリート系ファッションは、かなり好みが別れる(スーツ姿が似合うスタイリッシュなタイプの男性が好きな女性からは、特に大不評)
  • ピエロのように先の尖った靴…ロックバンドが好きな女にのみ好評
  • 謎のクラッチバッグ…ナルシストに見える(セカンドバッグとも呼ばれ、集金のおじさんだと勘違いされることも)
  • 謎のおしゃれハット…RADWIMPSに憧れてる人に見える
  • 過剰なアクセサリー…2つ以上の指輪やネックレス、ピアス、謎の数珠はNG

【図】"ナシ"な男性のファッションの例

女性が「ナシ」と思う男性のファッション

これらの個性的なファッションは、ごく一部の層にウケる代わりに、その他大勢の女からの評価を捨てることになってしまいます。
ギャルメイク・パンクファッション・ロリータ服などの個性的な女性より、オフィスカジュアル系の清楚な女性のほうが多くの男性からの支持を集める、と言えばイメージしやすいかもしれません。

モテる人は、とにかく無難で勝負します。
無難なファッションは誰かのツボにハマることはありませんが、嫌われることはほとんどありません。

一方で、個性的なファッションはギャンブルです。
2時間後に初めて出会う魅力的な女の子が、ピッチピチのスキニージーンズが好きかどうかなんて、誰にも分からないからです。

これは取引先の社長への手土産に、〔銘菓〕を選ばず〔カップヌードル1ダース〕を持って行くようなもんだと思ってください。
もしその社長がたまたまカップヌードル愛好家ならそのギャンブルは成功ですが、そうでなければ大失態。
「こいつは絶対におかしい。常識知らずかも。かかわるのはやめておこう…」と思われて終わりです。 

一方で、〔銘菓〕は加点にこそならないものの、絶対にマイナスにはなりません。
それどころか社長がその銘菓が大好きで、加点になる可能性まであります。
だとしたら、リスクの高いカップヌードルを試すようなギャンブル性が、この取引に必要でしょうか? 

ユニクロは銘菓です。多くの女性が減点をしません。彼女がほしい男性は制服にしましょう。

「清潔感=不潔じゃない」ではありません

お風呂、バスルーム

「清潔感」とは、食事中に至近距離で見ても一切不快にならない顔のことです。

実際に不潔かどうかなんて関係ありません。
ほとんどの女性は、1日3回風呂に入るブサイク芸人より、3日間風呂に入っていないキムタクのほうが「清潔感がある」と答えます。

つまり女性は、自分の容姿判定フィルターで"ナシ"に分類した男性のことを「清潔感がない」と言い換えているだけです。
「顔がムリ」と直接言うのはひどい(自分が悪者のようになってしまう)ので、「清潔感」というふわっとした表現に言い換えているんです。
無意識に、自責から他責に変換しているんですね。このあたりが女のズルイところだと思います。

じゃあ毎日風呂に入っても、爪を磨いても、「清潔感がない」と言われてしまう男性はどうすればいいのか。 
容姿判定フィルターで"ナシ"に分類される要素をすべて排除することです。

前回の連載「どんなに中身が良くても、見た目がダメなら試合終了?【恋のセンター試験】容姿の減点ポイント10」で挙げた〈【恋のセンター試験】対策! 容姿改善方法の一例〉を1つでも多く実行してください。 

信じられないかもしれませんが、これらはすべて「清潔感」に直結します。
"ずっと無表情で目を合わせない"という清潔さとはなんの関係もない行動が、女の「あの人って清潔感ないよね」を生み出しているんです。

【男性からの質問】「めちゃくちゃモテる男」のファッションの特徴は?

メンズファッション

以前、男性読者の方からこんな質問をもらいました。

男性
男性

とうもろこしきさんが今までに出会った「めちゃくちゃモテる男」のファッションの特徴を教えて欲しいです。

普通に流行りの韓流とかだったりするんですか?

それともモテにファッションはあんまり関係ない?

この質問に対する私の回答をご紹介します。

まず、モテにファッションは関係します。なぜなら、"モテる"とは"万人ウケする"ということだからです。

たとえばどんなにイケメンでも、ターザンのようにありえない服を着ていたらモテないし、ヴィジュアル系バンドのようにやたらと黒くて長い服を着ていても敬遠されてしまいます。

流行りの韓国系でさえも、一部の層には大変ウケがいい代わりに、そうではない層を全捨てしてしまいます。
たとえば、私や以前働いていたクラブの同僚だったホステスたちは、韓国系のファッション(細身の服やマッシュヘアなど)が少し苦手でした。

男性の場合、ゴスロリファッションやギャルファッションを敬遠する人は多いと思います。
ヒョウ柄のトップスより何の変哲もない白ブラウスのほうが男性ウケがいいことは、元ギャルだった私自身がよく分かっています。

男女ともに、モテを追求したければ、無難の中で少しの個性を出すのが最適です。
つまり、男性が着るべきブランドは、ユニクロでしかありません。

私が見てきた鬼モテ系の男性は、「服なんかどうでもいい」というような顔をして、彼女や嫁(必ずいるから手出しできない)に与えられたユニクロのような個性のカケラもない服を、めちゃくちゃしっかり着こなしています。
ユニクロとは言っても、女性が選んでいるからセンスを間違うはずもなく、絶妙なカラーの襟付きシャツやポロシャツを、ベージュや黒のストレートパンツに合わせています。

これが普通に万人ウケするんです。
「ユニクロが無理!」という女性はほとんどいませんし、もしいたとしたら、ともに家庭を築き生きていくのに弊害があるタイプ(つまり贅沢思考)でしかないと思います。

偏ったファッションを身にまとい、出会いの場でその晩、少し個性的な女の子から好かれたところで、それは"モテる"とは言いません。

男性が参考にすべきカタログは、ユニクロの公式サイトです。
BEAMSユナイテッドアローズ等もシンプルでいいと思います。男女ともに無難でいいですね。

ちなみに私自身は、何の特徴もないレディース服を買って着るのは好きではありません。少し癖のある服が好きです。

でもそれは、モテたいときにはできるだけ着ないようにしています。
モテとは万人ウケだから。自分の好きな服は、異性から好かれる必要のないとき(女同士で集まるときや、1人で出かけるとき)に着ています。

モテとは万人ウケすること

このことばを胸に刻んでください。

今回のまとめ

シンプルなメンズファッション(ポロシャツとスラックス)

以上、勝負服は、ユニクロでそろえられる 〜「 清潔感がある男性が好き」と言う女性の本音〜というテーマで、多くの女性から高評価を得られる万人ウケファッションについてお伝えしました。

モテとは「無難」「無個性」「万人ウケ」です。
マイノリティ層を狙って個性的な服を着るのではなく、メジャーな層だけを狙ってファッションを選んでいきましょう。

とうもろ こしきさんの書籍はこちら

この記事を書いた人
とうもろこしき

京大出身。在学中は祇園の高級クラブでホステスとして働いていた。
趣味は男女関係の観察・分析。仕事柄身についた対人テクニックを恋愛に応用する手法を書籍やSNSで発信している。

とうもろこしきをフォローする
この記事をシェアする!
洒落男子
タイトルとURLをコピーしました