【裏技3選】プロテインのシェイカーを洗うのがめんどくさいとき

筋トレ/ダイエット
筋トレ/ダイエット
田中くん
田中くん

プロテインのシェイカーって洗うのめんどくさくないですか?

すだ氏
すだ氏

確かに、洗い物はめんどくさいよね。

田中くん
田中くん

周田さんは洗うのがめんどくさい時どうしてるんですか?

すだ氏
すだ氏

わたしは裏技を使ってるからめんどくさい時なんてないのよ〜!

この記事では、こんな悩みに答えています!

プロテインを飲んだ後にシェイカーを洗うのがめんどくさい

そもそも家事も得意じゃないし、洗い物が苦手

シェイカーを洗わずに済む方法があるなら知りたい。

  1. シェイカーのめんどくささ撃退!裏技3選
    1. めんどくささ回避の裏技①飲み口の広いプロテインシェイカーを選ぶ
    2. めんどくささ回避の裏技②市販のプロテインドリンクに頼る
    3. めんどくささ回避の裏技③プロテインを飲まずに料理にしてしまう
  2. 洗いやすいプロテインシェイカーを選ぶ
    1. 飲み口が広いプロテインシェイカーは洗いやすい
    2. プロテインシェイカーに水と洗剤を入れて振るだけ
    3. 洗いやすさでプロテインシェイカーを選ぶことも大事
  3. 飲んだら捨てる!洗い物ゼロのプロテイン!
    1. 市販のプロテインドリンクに変える
    2. 洗い物ゼロでプロテインを飲む手間抜きを叶える
    3. ミルクやストロベリー、カフェオレなど好みのプロテインの味を探せる
  4. プロテインシェイカーで飲まずに、料理にしてしまう
    1. プロテインは飲むだけのものじゃない。料理にも!
    2. プロテインレシピも豊富で簡単なものが多い
    3. プロテインレシピで食事を摂る習慣ができるメリット
  5. プロテインがめんどくさいなら「無理しない」
    1. 衛生面を考慮するとプロテインシェイカーの洗い物は必須
    2. 洗いやすいプロテインシェイカーを選ぶこと
    3. 市販のプロテインドリンクに頼ってOK
    4. 食事としてのプロテインを楽しむのもおすすめ
  6. 【裏技3選】プロテインのシェイカーを洗うのがめんどくさいとき まとめ

シェイカーのめんどくささ撃退!裏技3選

  • 裏技①飲み口の広いプロテインシェイカーを選ぶ
  • 裏技②市販のプロテインドリンクに頼る
  • 裏技③プロテインを飲まずに料理にしてしまう

めんどくささ回避の裏技①飲み口の広いプロテインシェイカーを選ぶ

シェイカーを洗うのがめんどくさい!というのであれば、飲み口の広いシェイカーを選ぶことをおすすめします。
飲み口が広いのでサッと洗うことができます。

下のシェイカーのように飲み口の小さいシェイカーは洗う手間がかかってしまい、しっかりと洗い流すことができず洗い残しも出てきてしまうので、洗い物が負担に感じる人には不向き

プロテインのシェイカーだけでなく、マイボトルなども飲み口が狭かったりフタがあるものだと洗う手間がかかってしまい、どんどん使うのをやめてしまう傾向もあるので、飲み口が広く洗いやすいシェイカーを選ぶようにしましょう。

洗いやすいシェイカーであれば、「洗うのがめんどくさいなぁ」という気持ちは少し薄れていきますよ。

【洗い物の面倒臭さ撃退】飲み口が広いおすすめプロテインシェイカー 5つ

しろりん
しろりん

私はこちらのAmazon限定のザバスのプロテインシェイカーを持っています!

黒でおしゃれなところと目盛りのついているところ、そして洗いやすいところがお気に入りです。

田中くん
田中くん

マイプロテインのシェイカーは食洗機にも対応しているし、カラーも豊富で気になるなぁ。

めんどくささ回避の裏技②市販のプロテインドリンクに頼る

シェイカーを洗うのがめんどうなのであれば、いっそ自分でプロテインを作るのはやめて市販のプロテインドリンクに頼るという選択肢にしてみるのはいかがでしょうか。
市販のプロテイドリンクであれば紙パックやペットボトルのタイプが多いので、筋トレ後にサッとプロテインを飲んで捨てることができます。
ごみは増えてしまいますが、洗い物をする手間はもちろんプロテインを作る手間も省ける時短術です。

また、味も複数あり、豆乳やアーモンドミルクを使っているものなどもあるので自分で作るプロテインよりもさまざまな栄養素を摂ることができるので一石二鳥。

毎日プロテインを飲む訳ではなく、筋トレをした後だけにプロテインを飲むのであれば市販のプロテインドリンクに頼るのもありです。

めんどくささ回避の裏技③プロテインを飲まずに料理にしてしまう

シェイカーを洗うのがめんどうだ!というのであれば、プロテインを「飲む」ものから「食べる」ものに変えてみましょう
料理にプロテインを使ってしまえば、シェイカーを洗う手間が省けます。

今、朝ごはんと一緒にシェイカーでプロテインを飲んでいるのであれば、朝ごはんをプロテインを使った料理に変えればシェイカーの出番はなくなり、洗い物も減らすことができます

プロテインだけを作るのではなく、食事を作る習慣も身につけることができ、洗い物も複数回に分けずに済むのでおすすめです。

おすすめプロテイン活用レシピ4選+α

材料4つで!ココアバナナの米粉クッキー
プロテインクッキー
レンジで簡単プロテインマグカップケーキ
レンジで90秒 マグカップ プロテインケーキ
【一番美味い】材料4つ!レンジで90秒!簡単プロテインマグカップケーキ!
田中くん
田中くん

材料も少なくて意外と簡単にできそうだし、料理にハマりそうかも!

上記のレシピ以外にもプロテインレシピはたくさんあります。

かんたん、わかる!プロテインの教科書 に記載のプロテインの教科書

MORINAGAのかんたん、わかる!プロテインの教科書 に記載のプロテインの教科書ではたくさんのプロテイン活用レシピが紹介されているのでぜひご覧ください。

洗いやすいプロテインシェイカーを選ぶ

  • 飲み口が広いプロテインシェイカーは洗いやすい
  • プロテインシェイカーに水と洗剤を入れて振るだけ
  • 洗いやすさでプロテインシェイカーを選ぶことも大事

飲み口が広いプロテインシェイカーは洗いやすい

「シェイカーを洗うのがめんどくさい!」という気持ちは否定できませんが、やはり口にするものなのでシェイカーを使ってプロテインを飲むのであればしっかりシェイカーは洗わなければいけません。
洗わずそのままにしたシェイカーは雑菌が増えてしまい不衛生です。

また、飲み口が狭かったりフタつきのシェイカーなどで洗い残しがある場合も雑菌が増えてしまうので不衛生です。

洗い物をしてもしっかり洗えていない場合もあるので、洗い物が苦手な人がシェイカーを選ぶときは洗いやすいシェイカーを選ぶようにするのがおすすめです。

飲み口が広いシェイカーは、シェイカーの中にしっかりと手を入れることができるので口が触れる部分はもちろん、プロテインの粉末が残りやすい底までしっかりと洗うことができます。
逆に飲み口が狭いシェイカーはシェイカーの中に手を入れることができないため、口が触れる部分は洗えるけれど、底に残ったプロテインの粉末まではしっかりと洗うことができず洗い残しが出てきてしまいます。
フタに飲み口があるタイプのシェイカーは、フタ部分を丁寧に洗わなければいけないのでこちらも洗い残しが出てしまうので、洗い物がめんどくさい方にはあまりおすすめできません。

飲み口が広く洗いやすいシェイカーを選ぶことで、洗うのがめんどくさいという気持ちが少し緩和されるでしょう。

プロテインシェイカーに水と洗剤を入れて振るだけ

手が入る飲み口が広いシェイカーを使っていても、洗うのがめんどくさい時ってありますよね。
そんな時はスポンジを使わずにシェイカーを洗う最強のズボラテクニックを使ってしまいましょう。

シェイカーの中に水と洗剤を入れ、プロテインの粉末を溶かすときと同じ容量でシェイカーを振ってみましょう
シェイカー内で水に溶かした洗剤を上下左右に移動させることで底についたプロテインの粉末もしっかりと落とすことができます。

洗い流す際に、口が触れる部分だけスポンジを使い洗うようにしてください。

毎回この洗い方では少々洗い残しが出てしまうので、本当に疲れて「もう洗い物サボりたい!」というときだけの裏技として活用してみてください。

洗いやすさでプロテインシェイカーを選ぶことも大事

シェイカーは使ったならば洗わなければいけないものです。
使い捨ての紙コップなどではない場合、一度プロテインを作って飲んだのであればシェイカーを洗うのは必須です。

「デザインがかっこいいから」「売上ランキングで上位だから」という理由でシェイカーを選んでいる人もいるかもしれませんが、洗い物が嫌いなら洗いやすさでシェイカーを選ぶことも大切です。
デザイン性や人気のものを使いたい気持ちもわかりますが、洗いやすさでシェイカーを選ぶこともプロテインを飲む習慣を身につけるためには必要。

デザイン性だけでなく、利便性も考慮してシェイカーを選ぶようにしましょう。
家で使うだけならば、誰かに見せることもないので「洗いやすい」を理由にシェイカーを選んでもなんら問題ありません。

便利なデザインを選ぶこともプロテインを飲み続ける習慣づくりのためのライフハックなのです。

飲んだら捨てる!洗い物ゼロのプロテイン!

  • 市販のプロテインドリンクに変える
  • 洗い物ゼロでプロテインを飲む手間抜きを叶える
  • ミルクやストロベリー、カフェオレなど好みのプロテインの味を探せる

市販のプロテインドリンクに変える

とことんシェイカーを洗うのがめんどくさいのであれば、いっそ市販のプロテインドリンクに切り替えてみてはいかがでしょうか?

市販のプロテインドリンクも、飲み切りサイズのものから1リットルなどお得サイズのものまでさまざまなタイプで販売されています。
自分でプロテインを作るとおいしくないというお悩みも市販のプロテインドリンクであれば解決できます。

スーパーやコンビニでも購入でき、ネットストアであれば、箱買いもできるのでストックをしておくことも可能

手軽に市販のプロテインドリンクは手にすることができるので「シェイカーを絶対に洗いたくない!」という強い気持ちを持っていたり、「今日は洗い物する体力がない…でもプロテインは飲まなきゃ…」という時は市販のプロテインドリンクに頼るのもひとつの手段ですよ。

洗い物ゼロでプロテインを飲む手間抜きを叶える

市販のプロテインドリンクに切り替える最大のメリットは「作る手間・洗う手間を省ける」という手間抜きを叶えてくれるところです。

デメリットとしては、コストがかかることとゴミが出ることです。

「毎日飲むものだから、コストはかけられない…」という人でも、たまには作ったり洗ったりをサボりたい日もあるかと思います。
そんな時は市販のプロテインドリンクを選ぶのがおすすめ。

シェイカーを洗うのがめんどうという気持ちになる時は、大体疲れている時ではないでしょうか。
そういう時の裏技として、市販のプロテインドリンクを選ぶのもありです。

プロテインは全部自分で作らなければいけないというルールはありません。
無理せず続けられる手札は多く持っておくと安心です。

ミルクやストロベリー、カフェオレなど好みのプロテインの味を探せる

市販のプロテインドリンクは、自分で作るプロテインとは異なり、さまざまな味を手軽に楽しむことができます

自分でシェイカーを使ってプロテインを作る時もプロテインの味にこだわりを持って選んでいるかと思います。
他の味も気になるし、どんな飲み方をしたら美味しいのか知りたい!という時は市販のプロテインドリンクで気になるものを試してみましょう。

ミルク味のプロテインの粉末をコーヒーで溶かせばカフェオレ風味になりますが、実際にはどんな味になるのかなかなか想像するのは難しいと思います。
そんな時にカフェオレ風味の市販のプロテインドリンクで味のイメージを掴むことができちゃいます。
実際に自分で作るとなると、市販の味を完全に再現することはできませんが自分の好みを知るきっかけになります。

プロテインは筋トレなどのトレーニング後に飲む習慣が必要なものです。
飲むのであれば、自分の好みの味の方が楽しみながら飲み続けることができます

市販のプロテインドリンクを飲み比べて自分の好みの味を探してみませんか?

おすすめの市販プロテインドリンク

SAVAS ストロベリー風味
SAVAS カフェラテ風味
SAVAS ミルク風味

プロテインシェイカーで飲まずに、料理にしてしまう

  • プロテインは飲むだけのものじゃない。料理にも!
  • プロテインレシピも豊富で簡単なものが多い
  • プロテインレシピで食事を摂る習慣ができるメリット

プロテインは飲むだけのものじゃない。料理にも!

プロテインは飲むだけのものではありません。
シェイカーを洗うのが面倒なのであれば、プロテインを使った料理を作ってみませんか?

料理であれば、シェイカー単品で洗うということは無くなります。
「洗い物がめんどう」という気持ちの中には

シェイカーだけをわざわざ洗うのがめんどくさい…。

という気持ちが含まれる人も多いのではないでしょうか。
そんなときは、プロテインを料理に使うことをおすすめします。

調理器具や食器など、料理をしても洗い物は出てきます。
しかし「シェイカー1つだけをわざわざ洗う必要性」は無くなります。

まとめて洗い物をするのは少し大変ではありますが、めんどくささはシェイカー1つのためだけの洗い物の方が大きいと思います。

洗い物の量は少し増えますが、プロテインを料理に使うのも一つの裏技です。

プロテインレシピも豊富で簡単なものが多い

プロテインを使ったレシピはダイエットや筋肥大だけでなく、プロテインを美味しく楽しく摂取することが目的です。

スイーツはもちろん、主菜になるおかずも作ることができます。
料理は得意じゃない…という人でも簡単にできるレシピもたくさんあります。

新しく調理器具を揃えずともできるレシピはもちろん、ちょっとこだわってみたい!という時に作りたいレシピなど、メニューの種類も豊富。
これまで料理に興味はなかった人も、プロテインレシピをきっかけに料理が新たな趣味になるかもしれません。

プロテインレシピは本記事内のおすすめプロテイン活用レシピ4選+αで紹介しています。
ぜひご覧ください。

プロテインレシピで食事を摂る習慣ができるメリット

プロテインを料理に使うことで、調理器具や食器など洗い物の数は増えてしまいますが、シェイカーだけを洗うという手間が省けることはもちろん、栄養バランスの整った食事を摂る習慣を身につけることができます

ダイエットはもちろん、筋トレなどを頑張っているときはどうしてもカロリーなどが気になって栄養バランスが乱れてしまうことがあります。
また、学校や仕事が忙しいときも偏った食事になりがちです。
そうした時に、プロテインを使った料理を摂ることにより栄養バランスを整えることができます。

忙しいからプロテインだけ飲んで出かけよう…!という生活を送っているのであれば、たまには時間を作ってプロテインを使った料理もしてみましょう。
料理を作るのは大変…と思うかもしれませんが、栄養バランスが整った食事を摂る習慣を手に入れることができるメリットがあります。

一度、プロテインを使った料理のレシピを検索してみてはいかがでしょうか。
簡単に美味しいプロテインレシピに出会えるかもしれません。

プロテインがめんどくさいなら「無理しない」

  • 衛生面を考慮するとプロテインシェイカーの洗い物は必須
  • 洗いやすいプロテインシェイカーを選ぶこと
  • 市販のプロテインドリンクに頼ってOK
  • 食事としてのプロテインを楽しむのもおすすめ

衛生面を考慮するとプロテインシェイカーの洗い物は必須

シェイカーを洗うのがめんどうだからといって、洗わずにそのまま放置しておくのは危険です。

衛生面を考慮すると、シェイカーは使う度に洗うことが必須です。
少しでも時間をかけずに洗い物をしたい…!というのであれば、居酒屋などの洗い場でも使われているグラス用のスポンジを使ってみてはいかがでしょうか。

トングの先にスポンジが付けられているタイプだと、シェイカーを挟んでくるりと回すことでシェイカーの口をつける部分も洗うことができます
トングを閉じて使えばシェイカーの中に手を入れずともシェイカーの底を洗うことができるので、洗剤で手が荒れることもなく洗い物ができます

口から体内にいれるためのものだから、衛生面には気を配りましょう。
気温と湿度が上がる夏場は特に、雑菌が繁殖しやすい時期です。
シェイカーを洗わず放置することは、思わぬ体調不良を招くことになってしまうかもしれません。

シェイカーに限らず、なるべく洗い物はシンクに溜めずにすぐに洗うよう少しだけ意識してみてください。
体のために飲むものだからこそ、安心安全であることが必要です。

「そんな簡単に体調なんて崩さないよ!」と思っていると、うっかりお腹を下して辛い思いをしてしまうかもしれません。

外見に限らず、不衛生でいることはNG。
めんどくさい気持ちもわかりますが、衛生面についてはしっかり理解しておきましょう。

洗いやすいプロテインシェイカーを選ぶこと

洗い物をしている時間を苦痛だと感じるのであれば、サッと洗いやすいシェイカーを選ぶようにしましょう。
サッと簡単に洗うことができれば洗い物をする時間も短縮することができます。

シェイカーを洗うのが習慣づくと「すぐ洗い終わるから、シンクに置きっぱなしにするのはやめよう」という気持ちに自然と切り替わっていくと思います。

シェイカーを洗わないまま放置してしまい、シェイカーから異様な臭いがしてきた…だからこのシェイカーは捨ててしまえ!という解決策もありますが、シェイカーの使い捨てはお財布にも環境にも優しくない解決策です。

洗いやすいシェイカーを選び、洗い物へのハードルを下げることから始めてみませんか?

市販のプロテインドリンクに頼ってOK

シェイカーを洗うのがめんどくさいのであれば、市販のプロテインドリンクに頼りましょう

筋トレなどのトレーニングの後でなくても、ちょっと小腹がすいたタイミングにスッと飲むことができるので冷蔵庫にストックをしておくのもおすすめです。
消費期限はあるものの、ストックしておけば、疲れ「シェイカーを洗うどころかプロテインを作る気力もない…」という日にもプロテインを飲むことができます。

市販のものなので、自分で作るよりは少しお金がかかってしまいますが、無理をしてまでプロテインを作って飲んでシェイカーを洗う必要はありません。
毎日続けることだからこそ、たまにはサボって手を抜くことも大切なのです。

プロテインを飲んで、シェイカーを洗う姿を不特定多数の大勢に見せるなんてことはありませんよね?
自分しか見ていない自分のことなのであれば頼れるものは頼りましょう。

食事としてのプロテインを楽しむのもおすすめ

プロテインは飲むものだけじゃありません。
シェイカー1つだけを洗うのはめんどくさいというのであれば、プロテインを料理に使い、食事としてプロテインを摂取する習慣をつけましょう

一人暮らしや何かと立て込んで忙しいタイミングなどは栄養バランスが乱れがちです。
プロテインを使った料理のレシピはダイエットやトレーニングをしている人に向けられており、高タンパク低カロリーのレシピが豊富です。
普段料理をしない人でも簡単にできるレシピもあり、朝ごはんをプロテインだけにしていた人にもピッタリです。

また、どうしても時間がなくて料理をする時間がない!というのであれば、コンビニやスーパー、ドラッグストアで販売されているプロテインバーもおすすめ。

栄養価が高く、満腹感も満足感も得ることができます。
「忙しくて食事の時間が確保できない!」というときも、ワンハンドで食べることができる&洗い物が発生しないので便利です。

プロテインバーについて「太る」「ダイエットの逆効果」といった評判もありますが、タンパク質補給という目的であればプロテインを飲むことと変わりません。
もちろんプロテインバーばかりを食べ続ければ、栄養価が偏り太ってしまうのでバランスの良い食事になるよう心がけましょう。

【裏技3選】プロテインのシェイカーを洗うのがめんどくさいとき まとめ

  • 飲み口が広いシェイカーは洗い物が楽ちん
  • 市販のプロテインドリンクに頼るのもOK
  • 料理にしてしまえば、「わざわざシェイカーだけを洗う」手間を減らせる
  • シェイカーを洗わずに放置すると雑菌が増えるのでNG
  • 清潔に安全にプロテインを楽しもう
この記事を書いた人
すだ氏

フリーランス編集者。平日は人事部で働くパラレルキャリア系30代。
元雑誌編集者で元兼業風俗嬢。
低気圧に弱く化粧ポーチに漢方を忍ばせつつ、生きがいは仕事終わりに1人で飲むハイボールです。

すだ氏をフォローする
この記事をシェアする!
洒落男子
タイトルとURLをコピーしました